女性の不感症の改善策

4
女性の不感症の本当の原因は?|改善方法まとめ

不感症とは、性器やクリトリス、乳首など多くの人が性的快感を得られる性感帯に触れたり刺激を与えられても、何も感じない、快感を得られないことをさします。不感症の原因のほとんどは精神的なものだといわれています。

女性の不感症の本当の原因は?

不感症のほとんどは経験不足や緊張のし過ぎ、あるいは男性のテクニックや愛撫の方法にも原因があります。女性器のうまれつきの問題、あるいは加齢によるホルモンバランスの崩れなどが原因で不感症になる方もいます。女性器のうまれつきの問題とは、たとえば、生まれつき膣が非常にせまい、または「処女膜強靭」といって処女膜が硬いといった場合です。男性の愛撫がイマイチだと感じにくいのも事実。愛撫がほとんど無いまま、いきなり指を入れられたり、挿入されたり…。体も心も準備ができてないのに入れられるのは、セックスではなくレイプに近いものがあります。特に慣れないうちは、しっかり時間をかけてもらいましょう。

・後から感じなくなってしまった場合の原因
相手に裏切られたことがある、妊娠してしまうことへの恐怖、疲労やストレスがたまっている、何らかの病気を患っている、ピルの副作用など。

・最初から感じたことのない場合の原因・
幼児期に性的虐待を受けていた、父親からの過剰な愛情、セックスに対する恐怖心や不潔だという思い込みなど。

女性の不感症改善策まとめ

・冷え体質の改善
ゆっくり、ちょっとぬるめと感じる40度前後の熱さのお風呂につかることが重要です。ゆっくり、ちょっとぬるめと感じる40度前後の熱さのお風呂につかることが重要です。それに加えて、血行をよくするために、水を飲むこともおすすめします。お茶やコーヒーではなく、水を最低でも1日2リットルを飲むよう、心がけてみてください。

・不感症・絶頂不全の薬を服用
不感症に効果的なお薬や血流を良くして感度を上げたり、オーガズムに達しやすくなるお薬の服用を試してみます。例えば女性用バイアグラなど治療薬によって,不感症を改善します。

・精神的な対話を行う
性行時に性的な満足を感じることのできない不感症にはどのような治療法が有効なのでしょうか。この病気の治療の際に重要なのは「なぜ性行時に興奮できないのか」という精神的な原因を捉えることです。そのためまず女性だけで医師を対話します。そのあとに男性側とも話をします。両者に解決の糸口があれば、対話によって解決します。女性の生理的な部分に原因がある場合、婦人科医が治療に当たります。

不感症と冷感症の違い
なんとなく両方ともセックスの時に感じないことではないかな、という印象かもしれませんが、この二つには明確な違いがあるのです。

冷感症とは女性の疾患になります。本疾患は性欲を感じない状態で、広義には性交障害に該当する状態になります。
性的不感症の場合は定義上、性欲があるのに性感覚が欠如している状態もしくは、はなはだ性感覚が不十分な状態を示します。不感症は性欲はあるが、性行為に至っても快楽を感じられない。冷感症は性欲もまったくなく、性行為に至っても快楽を感じられない。

男女問わず、体の不快感を改善策⬇

不感症はセックスするとき、性感帯に触れると快感を得られない状態です。佐藤のバイアグラ体験日記によって、バイアグラは女性にも効果があります。特に不感症の場合、全身の血行が良くなり、不感症が改善できます。バイアグラ、早速入手して、使ってみてください!